Kyokusendo

出張SE

Nginx wwwあり wwwなし 301 リダイレクト

   

スポンサーリンク wwwあり

nginx.conf

server {
listen 80;
server_name kyokusendo.com;
return 301 http://www.kyokusendo.com$request_uri;
}

wwwなし

nginx.conf

server {
listen 80;
server_name www.kyokusendo.com;
return 301 http://kyokusendo.com$request_uri;
}

一時的に転送する場合

server {
listen 80;
server_name www.kyokusendo.com;
return 302 http://kyokusendo.com$request_uri;
}

注意点はrewriteで対応することはおすすめしません。「listen 80」を入れないと動作しませんでした。

つぶやき
Windows環境のNginx上でWordPressを安定して稼働させるのは至難の技です。
英語のサイトで情報を得る必要も生じますが、
Apacheが優勢でNginxのWindows上における情報がもともと乏しいです。
Apacheを長いこと採用してきましたが、Nginxの応答速度を経験してしまうと元に戻れないのです。
Nginx+PHP7が理想系です。大幅にチューニングしないと達成できないようです。
WordPressの負荷がかなり大きいように実感しています。
Apache2.4でもその状況は同じですので、Nginxで高信頼性を達成できるといいのですが。
Windows&Nginx&PHP7という全く新しいシステムで今までの仕組みを動作させるまでが大変ですが、
安定稼働はさらに難題です。最低気温-14度のなかで必死にやっているKyokusendoでした。
スポンサーリンク

 - サーバー